若狭湾の原発の速やかな撤退を求める申し入れ 府議団第三次

菅首相が「脱原発依存」を表明し、山田知事も全国知事会会長として「基本的に一致した。評価したい」と述べ、その後、巻き返しの動きが強まる中で、菅首相は「個人的発言」であったと国会で表明し、その無責任さが浮き彫りになっています。

いっぽう、文部科学大臣が高速増殖炉「もんじゅ」の開発についての記者会見や大飯原発の調整運転停止となるなどの動きもある中で、党府議会議員団として 申し入れをしました。申し入れ文書はこちら(PDF)→https://shimada-keiko.kyotofan.org/wp-content/uploads/2020/12/11.7.11.genpatu.pdf